髪にいいことを始めよう!女性の薄毛対策

日本で薄毛に悩んでいる女性は非常にたくさんいます。特に30代になるとその傾向が強くなります。もちろん女性専用の育毛剤などを使うこともできますが、実は日々の生活の中で少し意識を変えるだけで、薄毛対策ができるものなのです。毛髪の成長を促進したり、逆に髪の毛が細くなるのを防いでいったりすれば、薄毛に悩むこともなくなることでしょう。そこでここでは日々の生活の中で簡単にできる薄毛対策をいくつかご紹介し、その効果についてご説明したいと思います。

■髪にいいこと〜運動〜
薄毛の原因の中でも大きなものは、血流が悪くなるというものです。毛髪の成長を促進する栄養素は血液に乗って運ばれます。さらに血流が悪くなると新陳代謝も悪くなり、細胞が活発ではなくなってしまいます。血流が悪くなると栄養素が足りなくなるだけではなく、頭皮にトラブルが生じて薄毛の原因となってしまうのです。ということは、血流を良くすれば薄毛を改善することができるということになります。そのためにできるのが「運動」です。運動と薄毛は一見関係無いように思えますが、血流を良くするという点では効果があります。特にウォーキングなどの有酸素運動は効果的です。もちろんテニスやバレーボールなどの球技も同様の効果があります。しかし屋外で運動する場合には紫外線の影響を少なくするために帽子をかぶるようにしましょう。

■髪にいいこと〜ストレスを減らす〜
誰しもが認めることですが、髪の毛にとってストレスは大敵です。ストレスを抱えてから髪の毛が白くなったとか、髪の毛の抜ける量が増えたといった経験をした方も多いのではないでしょうか。強いストレスを長期間感じると免疫力が低下したり、自律神経が上手に働かなくなったりすることがあります。そうすると血流が悪くなって栄養素が頭皮に行きわたらず薄毛の原因となってしまうのです。ストレスをまったく感じないということは不可能だとしても、好きな音楽を聞いたりおいしいものを食べたりしてストレスを軽減できるように努力すると、薄毛の原因を減らすことになるでしょう。中には薄毛になるかもしれないという心配によってストレスを抱える人もいますが、そういったストレスも軽減できるように対策を講じましょう。

■髪にいいこと〜睡眠〜
髪にいいこととして「良質な睡眠」が挙げられます。実は睡眠中は成長ホルモンが体内から分泌されやすく、毛髪の成長も促進されます。特に夜の10時から深夜2時くらいにかけて肌や髪の毛の細胞は最も活発に活動します。つまりその時間にしっかり睡眠を取ることが薄毛対策に効果的なのです。一方で夜遅くまで起きている人や、昼夜逆転の生活を送っている人などは細胞の活動が妨げられて薄毛になりやすくなってしまいます。ですから普段から早寝を心がけると良いでしょう。もし寝つきが悪いという方はアロマオイルを入れたお風呂に入ったり寝る前にホットミルクを飲んだりすると効果的です。

■髪にいいこと〜体に負担をかけない〜
ストレスもそうですが、体に負担がかかると血流が悪くなって薄毛につながります。その点で過剰なダイエットや喫煙もできる限り避ける必要があります。食事の量を減らすダイエットは度が過ぎると髪の毛への栄養素を減らしてしまい薄毛の原因となります。さらに喫煙も血管を収縮させると同時に固くしてしまうので血流が悪くなるのです。

このように日ごろのちょっとした注意で薄毛の原因となるものをグッと減らすことができます。規則正しい生活、きちんとした食事、ストレスを解消すること、良い睡眠など、当たり前のことを当たり前に行うことが薄毛対策には効果的なのです。ぜひ今から生活習慣を改善して将来薄毛などに悩むことがないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>