毛量と季節は関係していた!

女性でも男性でも薄毛に悩んでいる方であれば、時期によって髪の量が変化していることにお気づきかもしれません。そもそも人間の髪の毛は毎日100本から200本ほど抜けています。これは薄毛かどうかにかかわりありません。しかし時期によって抜け毛が多くなる季節があるのです。そしてその原因も分かっていますので、抜け毛を減らすことは可能なのです。ここではどの時期に抜け毛が多くなるのかを説明するとともに、どうしたら抜け毛を減らすことができるかについて解説したいと思います。

■秋は抜け毛が増える季節!
もっとも抜け毛が増えるのは秋であると言われています。秋になるとなんとなく薄毛が進行しているように思えるのは、決して気のせいではないのです。しかしこれは秋というよりは夏に主な原因があるとされています。言うまでもなく夏は非常に蒸し暑く、汗もたくさんかきます。すると頭皮に皮脂や汚れがたまっていき、毛穴が詰まっていくようになります。これでは髪の毛が正常に発育できません。シャンプーを使ってきちんと洗髪することを心がけましょう。さらにシャンプーを使う時には髪の毛ではなく頭皮を洗うようにすると、薄毛対策になります。

■夏の間は紫外線に注意
夏の間、汗をかくのも頭皮には良くありませんが、紫外線もやはり頭皮にとっては大敵です。夏は一年の中でも特に紫外線が強くなる時期です。その紫外線が直接頭皮にあたってしまうと、頭皮は大きなダメージを負ってしまうことになります。紫外線から頭皮を守るためにも、外出する時には帽子や傘などを使うようにしましょう。さらに今ではさまざまな紫外線対策グッズが販売されていますから、そうしたグッズを利用するのも良いでしょう。

■冷房も使いすぎるとNG
夏になると冷房の効いた部屋にいることが増えますよね。実はこれも度が過ぎると頭皮にダメージを与えます。体が冷えすぎて血行が悪くなると頭皮に栄養が行きわたらなくなるので髪の毛が細くなって抜けてしまうのです。特に会社勤めの方は冷房の効いた部屋で座ったまま仕事をするため、さらに血流が悪くなっていくことでしょう。もちろんすぐに髪の毛が薄くなるわけではありませんが、こうした細かいダメージが積み重なって秋になると抜け毛となって表れてくるのです。夏の間は多少暑くても冷房の温度をあたり、少し外を歩いてみるなどの運動をしたりすると薄毛予防になるかもしれません。

■実は春も抜け毛の多い季節!
夏だけではなく春も抜け毛が増える季節です。冬には寒さに対応するために細胞が活発に働きます。しかし春に入って暖かくなると、これらの細胞は休止期に入るとともに、細胞が交代していきます。そのため抜け毛が多くなるのです。さらに春は環境が大きく変わる人が少なくありません。新入学や新社会人、勤務地の移動などがその一例です。そのストレスによって抜け毛が増える人もいます。その場合には何らかのストレス発散方法を見つけなければならないでしょう。ただし秋の抜け毛も春の抜け毛も基本的には一時的な現象で、しばらくすれば抜けなくなります。しかし一度に大量の髪の毛が抜けるなどの場合には医師に相談してみても良いかもしれません。

確かに季節によって抜け毛が増えることがあります。しかしそれは、いわば体が熱さや寒さに対応できるように正常に機能している証拠なのです。ですから季節の変わり目に抜け毛が増えても、あまり過剰に反応しないようにしましょう。もし心配なようであれば、毎日の生活習慣を改善する必要があります。日ごろからヘアケアをきちんとしていれば、季節の変わり目でも頭皮や髪の毛が大きなダメージを受けることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>