頭皮が乾燥してフケが出やすい場合の対処法

日本には薄毛に悩んでいる方が大勢います。男性・女性を問わず、年齢が高くなればなるほど薄毛への悩みは増していくものです。まだ薄毛とは言えないまでも、フケが出やすいと思っている方は少なくないでしょう。実はフケが出るというのは薄毛の前兆の一つです。フケは頭皮が乾燥している証拠であり、適切なヘアケアをしないとその後の薄毛へとつながってしまいます。頭皮が乾燥していることが分かった時点で早めの対策をすることが重要なのです。では頭皮が乾燥してフケが出ている場合にはどんな対象法があるのでしょうか。

■まずはフケの種類を知ろう
実はフケには二つの種類があります。一つ目は頭皮の乾燥が原因で出るフケです。頭皮が乾燥すると角質層が剥がれ落ちてフケとなります。この場合にはパラパラとしたフケが肩などに落ちることになります。こうしたフケは髪の毛を洗っても改善することはありません。二つ目は脂性のフケです。頭皮の乾燥がさらに進むと肌を守るために頭皮が皮脂を過剰に分泌し始めます。そうするとベタベタしたフケが出るようになります。このフケが出てくると頭皮が皮膚炎を起こすこともあります。もし脂性のフケが出てきたなら一度皮膚科で診察を受けた方が良いかもしれません。

■フケの対処法〜シャンプーの使い方〜
まず改善できるのはシャンプーの使い方です。頭皮の乾燥によってフケが出ている場合にはシャンプーの回数を増やしても症状は改善しません。むしろ頭皮に必要な皮脂がさらに減って症状が悪化することもあります。直すべきなのはシャンプーの種類と髪の洗い方です。シャンプーの中には洗浄力が高いものがあります。そういったシャンプーを使うのではなく、皮脂を適度に洗い流すことのできるアミノ酸系のシャンプーを使うと良いかもしれません。さらに指先や爪でゴシゴシ髪を洗うと皮脂が落ちすぎて乾燥の原因となります。指の腹を使って優しく洗うと頭皮の乾燥を防ぐことができます。

■フケの対処法〜オイルを使う〜
頭皮を保湿するためにできることとして、オイルマッサージが挙げられます。なるべく皮脂に近い成分のオイルを使うようにしましょう。例えばホホバオイルやグレープシードオイルなどは頭皮に優しいオイルです。これらのオイルはシャンプーする前に使います。オイルを適量取って頭皮につけマッサージしましょう。オイルが十分に行きわたるように優しくマッサージします。その後蒸しタオルを巻いてオイルが浸透するのを待ちます。そして通常通りシャンプーをすると保湿効果が期待できるのです。

■フケの対処法〜良い睡眠と食事〜
基本的なことですが、良い睡眠は頭皮の回復や髪の毛の成長に欠かせません。特に午後10時頃から午前2時頃にかけては髪の毛がもっとも成長する時間帯です。さらに成長ホルモンの多くが深い眠りであるノンレム睡眠時に出るとされています。ですから早めにベッドに入りある程度の時間睡眠を取ることによって髪の毛の成長を促すことができるのです。逆に夜更かしをしている方や睡眠時間が極端に短い方などは頭皮の乾燥が進行してしまうかもしれません。さらに栄養バランスを考えた食事も頭皮の乾燥を防ぐことができる一つの方法です。たんぱく質やビタミン、ミネラルなど髪の毛の成長を助ける栄養素をたくさん取るようにしましょう。

頭皮が乾燥してフケが出ている際の対処法はいくつかあります。どれか一つでももちろん効果がありますが、いくつかの方法を毎日やってみると症状が大きく改善するかもしれません。どの方法もそれほど難しいわけではありませんから、今日から少しずつ実践してみて頭皮の状態を改善させてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>